短時間で知識を得たいなら医療事務講座に足を運ぼう

自分の適性と進路サポート

保育園

得意なことを見つける

保育士の専門学校では、保育士の資格を取るために必要なことをみっちり学ぶことができます。ピアノの演奏スキルは必須ですが、専門学校に入学してから覚える人も大勢いるので、気にすることはないでしょう。学校側でも、入学した生徒の多くが初心者であることを把握しています。生徒の腕前に合わせて、ゼロから指導するカリキュラムがあるので、ピアノが出来ないからといって夢を諦めなくてもいいのです。専門学校卒業後に、大学に行って幼児教育についてさらに学ぶのか、すぐに保育園に就職するのかは生徒次第です。生徒の可能性を広げるために、専門学校では多彩なコースが開設されていますし、進路指導にも力を入れています。幼稚園教諭と保育士資格を同時に取れるコースを開設してある学校もあります。認定こども園で働く場合は双方の資格が必要なので、就職先を増やしたい人にはいいでしょう。自分がどのような保育士になりたいのか、明確なビジョンを持つことも大切です。専門学校では、様々なジャンルの保育に特化したコースがあります。近年注目されている、おもちゃを通じて子供の成長を促すための教育や資格を学んだり、病気と闘う子供達の保育に関することも学べます。豊富な実習先があるところなら、自分の要望も出せます。進路指導も専門学校の大切な仕事です。面接やマナーに関する指導を行ったり、生徒の保育感や保育園の方針などがマッチしているかを判断して就職先のアドバイスなどを行います。